マーケティングとコミュニケーションとインターネットについて考えています。マキタニ・ドット・コムです。

トップページ / ソーシャルメディア

失敗するから成長するのだ

失敗するからこそ、人も会社も大きくなれると思っています。

なにか「やっちまったな」的な事件が起きたときに、やれ「代理店どこだよ」「また○○かよ」という風潮はあまり好きではありません。なぜそんなに犯人探しして叩きたがるのかなと思います。叩いて打ちのめして蓋をして、勝った負けたで片づけていいのかしらん。さらには一発退場すべしという雰囲気も。

スマートに最初からわかったような顔でそつなくこなして得られるものより、チャレンジングなことをして失敗してそこから得られるものの方が、ノウハウとしては大きいんじゃないかなと思います。もちろん何も考えなかったから失敗というのはまったく駄目ですし、片や成功事例だって大きなノウハウです。でも、お客さんのためを思って一所懸命考えて仮にそれで失敗したのだったら、足りなかった要素を次のチャンスで埋めていけばいいんじゃないですかね。もちろん失敗したお客さんには誠心誠意謝らないといけないですけれども。

何度も失敗し続けるのはあれですが、古典的な言い方をすれば「失敗は成功の母」です。

自称「数々のプロジェクトを成功に導く」という経歴の人を見かけることがありますが、「成功」って何?とか、僕も腹黒いのでちょっと穿った見方をしてしまうことがあります。それよりも、お客さんとのプロジェクトがうまくいくように精一杯頭ひねったり身体動かしていますという姿勢が窺えた方が、僕には信用できたりします。

「よく失敗してるからあいつ/あそこはダメだ」というのは、少し短絡的かもしれません。「失敗して得たノウハウをたくさん持っている」というのであれば、そこを補うアイデアを次に持ってくることができるのは彼らです(もちろん持ってこれない人もいます)。

名前を挙げてすいません。体感的にサイバーエージェントさんはネットで「また○○か」と書かれているのを見かける気がします。事実無根の中傷も見かけます。でも、他よりチャレンジングなことをしてるとも思います。例えば、アメーバ事業の前に一度ブログの事業を失敗して終了させていますよね。失敗から一から出直していまあのポジションにいるというのは、それは評価すべき点だと思います。

とまれ、犯人探ししてわかったふりしてあざ笑って叩くのはやめたほうがいいよ、ということです。退場させて、そこから何か生まれるんでしょうか。

あ、「わかったふりして」というのがブーメランのように僕に向かって返ってきましたよ。あいて。

いちしま泰樹

いちしま泰樹

株式会社真摯 代表取締役、Webマーケティング・コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

Cinci

株式会社真摯

お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

伴走型Webコンサルティング | 改善コンサルティング | 真摯のブログ

関連するかもしれないエントリー記事
前後のエントリー記事
1年前はこんな記事を書いてました

コメント

アヨハタ 2010-02-12

とても良記事ありがとうございます。
うちの社長が、「早く失敗してほしい」ってよく言ってます。それこそ、これで、成長するために必要だってわかってるから言ってるみたいで。
当然、同じ失敗を何度もやってるのはダメなんですが、サイバーは本当に凄い会社だなって思います。辞めなきゃよかったって思ってますよ(笑)

市嶋 2010-02-12

失敗の内容とその後の生かし方にもよるでしょうけど、僕も失敗を実は恐れがちなんですね。
強い心臓を持たんといかんですね。

平田睦 2010-02-13

こんばんわ。
ここんとこ失敗続きでふさぎこんで頭抱えてたところで読んだもんですから、励まされているみたいでとても助かりました。
気持ちがラクになり、明日からまた頑張れそうです。
ありがとうございました。

市嶋 2010-02-14

失敗して反省(と謝罪)は必要ですが、それを次に生かすことで成長できますからね。

プロフィール

いちしま泰樹 いちしま泰樹
株式会社真摯 代表取締役、コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

株式会社真摯について

Cinci 株式会社真摯
お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

カテゴリー
月別アーカイブ
読んでほしいエントリー