makitani.com

マーケティングとコミュニケーションとインターネットについて考えています。マキタニ・ドット・コムです。

「下へ下へと根を伸ばせ」

何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く。

---

昔に書いたブログ記事をツイートされたりなどで、自分の文章をふと読み返していました。
最近出会った言葉たち - makitani.com

ここで触れている「勝ったら自信/負けたら経験/何も咲かない日は/下へ下へ根をのばせ」という言葉、Perfumeの「のっち」によるものとしていますが、その後どうやら出典が別にあるとかないとか、そういうのを耳にしながらも、ちゃんと確かめたことがありませんでした。

で、ふと今日、検索してみました。どうやらマラソンの高橋尚子選手の座右の銘らしく、恩師からいただいたものというのがひとまずの着地点。

好きな言葉です。好きという以上に、助けられています。

「駄目なときは、下へ下へと根を伸ばせ」

日々いろんな重荷や何やらがあって、精神的にもいい状態とそうでない状態があり、良くないときには「下へ下へと根を伸ばせ」と自分に言い聞かせていました。いまもそうです。ずいぶんこれで助けられました。

8月に、独立起業して5年目に入ります。

会社の期末は3月末で、法人としてはすでに3期目に入っていたり、その法人の設立は5月だったりと、他の会社の皆さんはどういった区切りを節目にしているのかよく知らないのですが、僕にとってはなんだかんだと個人として独立した8月が節目だったりします。

よくもまあ、4年間無事でいられたよなと思います。独立して1年も経たないうちに東日本大震災が起き、続けて眼の手術で1週間入院したりと、そのときはなんとかなるよと思っていましたが、1年目2年目はなんだかんだと売上的にも不安定でした。

「根拠のない自信」だけで前に進んでいました。それはいまも変わらず。

2006年に大阪から出てきたときも、2008年にデジパを退職したときも、「根拠のない自信」だけはなぜか持ち続けていました。ある程度の根拠を元に提案をするという仕事をしていながら、すごく変な話ではありますが。

浮かれるほどのものは積み上げられていませんが、明日はまた変わらぬ新しい一日としてやってくるので、僕も変わらず上に下に少しずつ伸びようと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

6年前にパーマリンクのつもりだったリンクは、恒久的なものではなかった

URLはもはや恒久的なものでなくてもよいかもしれないし、「パーマリンク」という言葉ももはや不要なのかも、というお話。

たまたま何かの弾みで、このブログの昔のエントリー記事を見ることになったのですが、その昔の記事からはっていたいくつかのリンクが、残念ながらすべてリンク切れになっていました。

よりにもよって、「Webサイトを残す、ということ」について書いたエントリー記事。
Webサイトを残す、ということ - JR西日本「ありがとう0系新幹線」サイトを見て

このエントリーをはてなブックマークに追加

Zaimで家計簿をつけ始めたら、帰宅後にPCの電源を入れなくなった

Zaim

Zaimで家計簿(自分のお金の収支)をつけ始めて3か月が経ちました。Zaimを利用し始めて気がついたのですが、帰宅後に家のパソコンそのものをあまり利用しなくなりました。

Zaimは、ほとんどiPhoneから入力と確認をしています。昼食を取って自分の席に戻ってきたときや、電車の中などで金額を入力してしまうので、とても楽です。家に帰って一日のあれやこれやを終えた後に「やれやれ」と言いながらパソコンの電源をつけなくてもよくなりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で「インスタグラム」の検索数が「Instagram」の検索数を上回ったようだ

日本での「インスタグラム」の検索数が、「Instagram」の検索数を上回ったかもしれません。Googleトレンドによれば、カタカナ表記「インスタグラム」の検索数が英語表記「Instagram」のそれを2014年1月に追い抜き、2014年5月時点でさらに大きく差を広げています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロイヤルホストのさらなるホスピタリティ推進への変化

先日、ときどき利用しているロイヤルホストの店舗で食事をしました。

大卒後の社会人のスタートがファミリーレストラン業界だったこともあり、お店に入ると、どうしても店内ウォッチを始めてしまいます。店舗はリニューアルしたらしく、いろいろと変化に気づいたので、なんとなくスマートフォンでメモを取っていました。

後日ふと検索していると、ちょうど4月10日に放送されたテレビ番組「カンブリア宮殿」がロイヤルホストの特集だったようです(見ておりません)。その内容と先日のメモの内容が被っていたようなので、少し書き残しておこうと思います。

以下は、食事した日のスマートフォンで取ったメモの内容。

  • 全席禁煙席に
  • ドリンクバーがなくなった
  • ベルスター(呼び鈴)がなくなった
  • 囲いのあるボックス席をなくし、パントリーから店内を見渡せるようになっている
  • カウンター席がある
  • 落ち着いた食事とその空間作りの提供?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Web周辺のアナリティクスの視点の変化について考える

Webサイトや施策の分析視点

Webサイトや施策の分析視点の変化について、改めて考えてみました。Web周辺のアナリティクスの視点の変化についてです。

時間軸の中で、ユーザーがどういうチャネルと接点を持ち、それらに何を求め、どのように少しずつWebサイト/企業と関係性を築いていくのか、どういう要素がきっかけでアクションを起こしコンバージョンに至るのか、「点」だけにとどまらない「線」の分析視点も、改めてより必要です、というお話。

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のエントリー一覧

プロフィール

いちしま泰樹 いちしま泰樹
株式会社真摯 代表取締役、Webマーケティング・コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細

Twitter Facebookページ Google+ SlideShare makitani.comを購読する follow us in feedly

株式会社真摯について

Cinci 株式会社真摯
お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

Twitter Facebookページ(真摯) Google+ページ(真摯)

カテゴリー
月別アーカイブ
読んでほしいエントリー
読んでる人たちつながり