マーケティングとコミュニケーションとインターネットについて考えています。マキタニ・ドット・コムです。

トップページ / Webマーケティング, アクセス解析

結果を出すためには複数の施策を一気にやる勇気も必要

効果検証が前提なら、できれば複数の施策を同時にしない方がいい」というエントリーを以前書いたのですが、改善結果にインパクトが求められるときは、小さな改善を繰り返していても結果が出にくかったりします。有意な改善結果が出るかわからないレベルの小さな改善を繰り返すのではなく、一気にまとめて施行して「結果を出すぞ」という勇気もときには必要です。

以前書いたとおり、それぞれの施策がどのような効果をもたらすかを把握することは重要です。「一部に実験」して、結果が良好であればその結果を「全体に適用」することができるからです。A/Bテストや多変量解析の利用法のひとつはそれになるでしょう。

とはいえ、「統計的に、傾向は見られるけれども、有意な差は見られない」という結果になる場合も多いです。施策そのものに起因したり、たとえばサイトそのものが結果やアクションを生みにくいケースもあるでしょう。ビジネスとしては、大きなインパクトを残せない「改善」に、何度も何度も予算を割けない場合もあります。

「エイヤッ」と一気に施策をまとめて実施して、インパクトのある結果を出さなければいけないときもある、ということです。

そういうお話を、先日開催された「Conversion MeetUp Vol.1」というイベントでお話ししてきました。VOYAGE GROUP主催のコンバージョンやA/Bテストに関するイベントです。

ちなみに、スライドに登場する動物の写真は、すべて僕が撮影した写真です。「毎日1枚、動物園。」というテーマで運営している動物園写真サイト「カシャコ!」もよろしければどうぞ。

関連エントリー記事:
効果検証が前提なら、できれば複数の施策を同時にしない方がいい

参照:
【ありがとうございました】Conversion Meetup Vol.1 « VOYAGE GROUP UIO戦略室ブログ

thanks and see also
megu.tv

いちしま泰樹

いちしま泰樹

株式会社真摯 代表取締役、Webマーケティング・コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

Cinci

株式会社真摯

お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

伴走型Webコンサルティング | 改善コンサルティング | 真摯のブログ

関連するかもしれないエントリー記事
前後のエントリー記事
1年前はこんな記事を書いてました
プロフィール

いちしま泰樹 いちしま泰樹
株式会社真摯 代表取締役、コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

株式会社真摯について

Cinci 株式会社真摯
お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

カテゴリー
月別アーカイブ
読んでほしいエントリー