マーケティングとコミュニケーションとインターネットについて考えています。マキタニ・ドット・コムです。

トップページ / Webマーケティング

Amazon「この商品を見た後に買っているのは?」

Amazonさんは結構頻繁にUIの変更や機能追加をしていますが、9月末ぐらいに気がついたのは関連商品の提示方法に新しいパターンが増えていたこと。

081003_amazon_01.png

「**%のカスタマーが○○○をを購入しています」との表示が出てます。節操なく関連商品を提示してくるAmazonさんのことなので、この数字はちょっと信じてしまいそうです。『クロスイッチ』のページを見た人の16%が『コミュニケーションをデザインするための本』を買っている、らしいです。ECサイトの関連商品の提示のヒントですね。

アメリカのAmazon.comでもほぼ同様のフォーマットです。違うのは「Compare these items」のボタンがあり、違うフォーマットの比較ページがあること。英語だとやっぱり表現がスマートですね。「6% buy」で済みますから。日本の方はパッと見てわかりにくいのが難点です。

ただ、日本のAmazonではこのブロックは比較的上部に位置して目につきやすいのに対し、Amazon.comではカスタマーレビューの下に位置しています。かなり下部なので気がつきにくい位置です。国民性の違い?でしょうか。ちょっとわかりません。

081003_amazon_02.png

AmazonだとDBから引っぱってきていると思うので機械的に処理していると思うのですが、数字で何%と出されると、へえそうなんだと思ってしまいます。僕が「Amazonはドライだ」と思っているからでしょうかね。

信じられる数字と、信じられない数字。

関連エントリー:
クイズ番組の「一般正解率」の信憑性

いちしま泰樹

いちしま泰樹

株式会社真摯 代表取締役、Webマーケティング・コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

Cinci

株式会社真摯

お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

伴走型Webコンサルティング | 改善コンサルティング | 真摯のブログ

関連するかもしれないエントリー記事
前後のエントリー記事
プロフィール

いちしま泰樹 いちしま泰樹
株式会社真摯 代表取締役、コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

株式会社真摯について

Cinci 株式会社真摯
お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

カテゴリー
月別アーカイブ
読んでほしいエントリー