ベトナムのホーチミン市の道路交通事情

Street traffic in Ho Chi Minh City

ベトナムのホーチミン市の道路交通事情について。

  • バイクだらけ
  • バイクは2人乗り、3人乗りのみならず、4人乗りすらあり
  • 警察すら2人乗りでパトロール
  • 信号や横断歩道はあまり整備されていない
  • 車は人を待ったり避けてくれない。道路を渡るときは意を決してゆっくりバイクと車を避けながら渡るべし
  • 現地の人でなければ、移動はタクシーが便利。マイリンタクシーかビナサンタクシーのどちらかが信頼できる。その他はぼったくりタクシーが多いよ
  • スコールでもかまわずバイク。みんなカッパを被る

Squall in Ho Chi Minh City

激しいスコールだろうが、かまわずバイク2人乗りで疾走。

Traffic Signal in Ho Chi Minh City

一応信号機が設置されているところもありますが、あまり守られていないところも。この写真の信号機には、青信号になるまでの時間(秒)が表示されています。関西みたいです。

Bikes in Ho Chi Minh City

まあとにかくバイクだらけ。

Bikes in Ho Chi Minh City

Quang Trung Software City のバイク置き場。圧巻。

バイク4人乗り in Ho Chi Minh City

こんな感じで4人乗り。大人、子供、子供、大人、のパターン。

バイク4人乗り in Ho Chi Minh City

これも4人乗り。子供、大人、子供、大人、のパターン。朝などは通学で送るのももちろんバイクで、バイクに乗りながら子供が寝てたりするのにはびっくり。女の人もスカートをはいていても横座りで2人乗り。パリッとスーツを着た女性やアオザイを着た女性がバイクに乗っているのを見ると、不思議な感じがします。

ホーチミンにて

ちょっとわかりにくい写真ですが、赤信号でバイクが大量に信号待ちしている中、バイカーに広告チラシを配る人も。結構皆さんもらっています。

テレビの視聴時間は平均では横ばいだが、若い世代ほど減少している(2005年調査)

ちょっと可処分時間について調べていたのですが、ちょっと古いデータながら、NHK放送文化研究所の2005年度版の国民生活時間調査によればテレビの視聴者層が高齢化しているとのこと。報告書の要約では以下のような感じ。

  • テレビ視聴時間は、高い水準にあった2000年と比べて概ね横ばい
  • ただし、平日の男40代や女10~30代などは減少
  • テレビの長時間視聴の持続は70歳以上が支えている

続きを読む →