makitani.com

マーケティングとコミュニケーションとインターネットについて考えています。マキタニ・ドット・コムです。

トップページ / 身の回りマーケティング

身の回りマーケティング

  • 手書きのものはつい手に取って見てしまう
    先日読んだ本『12歳からのインターネット』はミシマ社からの書籍なのですが、ご感想ハガキや差し込みの二つ折りチラシが手書きをベースにしたもので、つい手に取って見てしまいました。意外に人の目を引きます。
    2008-09-09
  • なぜGoogleの広告は池袋から開始したのか
    8月30日に池袋駅で見たGoogleの屋外広告ですが、「なぜ池袋?」の理由は「Google利用者比率が低く、Yahoo! JAPAN利用者比率が高い駅」だからだそうです。
    2008-09-02
  • 池袋駅にGoogleの広告がいっぱい
    今日、池袋に行ったのですが、JRの駅構内や西武池袋駅付近にGoogleの広告があふれていました。
    2008-08-30
  • ベトナムドン(VND)のレート
    ベトナムドン(VND)の換算レートを知るには、Google検索が便利です。
    2008-08-05
  • ベトナムのホーチミン市の生活事情
    ベトナムのホーチミン市の生活事情について。
    2008-08-03
  • ベトナムのホーチミン市のインターネット事情
    ベトナムのホーチミン市のインターネット事情。限られた情報源であるので、そういった扱いでお願いします。
    2008-08-03
  • ベトナムのホーチミン市の広告事情
    ベトナムのホーチミン市の広告事情。とはいえ、移動はほとんどタクシーで、かつ行ったところも非常に限られたところばっかりなので、限られた情報です。
    2008-08-03
  • ベトナムのホーチミン市の道路交通事情
    ベトナムのホーチミン市の道路交通事情について。バイクだらけです。
    2008-08-03
  • 薬の説明にQRコードを
    スーパーで、売られている野菜のPOPにQRコードが付いていて、その生産地などの情報がその場でわかったりするというようなことが増えてきていますが、薬でも同じようなことができればいいな、と。
    2008-05-25
  • 『無印良品の理由(わけ)』
    無印良品で買い物したら、『無印良品の理由(わけ)』という小冊子をもらいました。無印良品の各商品が、なぜそんな形状や仕様になったのか、あるいはどう改良されたのか、使いやすさのためにどうこだわっているのかが、商品写真とともに簡潔にまとめられています。
    2008-04-26
  • 電車の車内アナウンスは駅に到着したときに到着駅を言うべき
    東京メトロのテープによる自動の車内アナウンスでは、電車が駅に到着するときに到着駅名を言わないですね。「いまどの駅に到着しようとしているのか」は結構重要な情報だと思うのですが。
    2008-04-23
  • iGoogleアートカフェに行ってきた
    六本木ヒルズに期間限定でオープンしたというグーグルの「iGoogle アートカフェ(iGoogle Art Cafe)」に行ってきました。
    2008-04-23
  • 「http://」は偉大
    「http://」や「www」って、それがウェブサイトのアドレスだとわからせるためにはやはり必要なんじゃないかなと思います。
    2008-04-10
  • コカコーラのお茶「一(はじめ)」というブランド・ネームは、必要なんだろうか
    家の近くのスーパーに、「茶花(ちゃか)」というペットボトルのお茶の新製品が並んでいました。これ実は、コカコーラの「一(はじめ)」のブランドのラインナップなんですね。 いま、お茶「一(はじめ)」のライ...
    2008-03-26
  • ストーリーや世界観を伝える
    キリンのペットボトル飲料「世界のキッチンから」は、商品名もそうですが、パッケージを見ても商品のストーリーを伝えようとしています。ウェブサイトも、「料理」「食品」のような感じでちょっと異色です。
    2008-03-23
  • マクドナルドのプレミアムローストコーヒーに負けました
    昼食後、会社近くのマクドナルドで、話題のプレミアムローストコーヒーを買いました。負けました。これからコーヒーはしばらくマクドナルドで買うかもしれません。
    2008-02-21
  • メールの署名に入れる広告文
    メールの署名の上下などに「広告」や「宣伝」や「PR」を入れることはポピュラーな方法と思いますが、あまり「広告文」「PR文」は深く考えられていないのではないかな、と。
    2008-02-02
  • 日本で2番目に高い山は何ですか?
    「1番」になることはなんだかんだいっても大事なことなんだなというお話。どんな小さな範囲でもいいから「1番」にならないと、記憶に残るという点では「2番」と大きな差ができてしまいます。
    2008-01-05
  • 地域のPR - 大分空港の「回転寿司」
    大分空港で、手荷物受取所のベルトコンベアーを回転寿司のそれに見立てて、巨大な「寿司」が回っているそうです。地域のPRとしては、よくある「必死さ」などもなく、笑顔とともに一発で認知される部類に入るんじゃないかと思います。
    2007-11-24
  • いい夫婦の日 - 世界の平和には言い訳も必要
    昨日11月22日は「いい夫婦の日」。それに気がついたのはその日の夕方ぐらいだったかと思いますが、それを自分への言い訳にして19時前に会社を出て、自宅の最寄り駅の駅前にあるパステルでプリンをふたつ購入。
    2007-11-23
  • そのキーワードは、あなたが声を掛けようとしている人たちを振り向かせるものですか?
    自分たちがあたりまえのように使っている言葉は、実は他の人にはピンとこない言葉だったりします。業界内の専門用語はまさにその類ですが、小さな世界でその言葉に頻繁に触れていると、周知の言葉のような錯覚を起こしてしまいます。
    2007-11-13
  • やずやの卓上容器
    消費者に習慣づけて消費させる仕組み。やずやからキャンペーンでもらった香醋の卓上容器は、ちょっとうまいです。
    2007-10-28
  • 企業メッセージを伝えるのはむずかしい
    ファミリーマートのスローガン/企業メッセージは「あなたと、コンビニ、FamilyMart」ではなく、「あなたと、コンビに、FamilyMart」だったんですね。
    2007-10-14
  • ほぼ日手帳のワクワク感
    ほぼ日手帳2008が、先日届きました。ほぼ日手帳は、「どう使ってもいいよ」という優しさがあったり、そもそもワクワク感の溢れる手帳だと思うのですが、この箱のパッケージにはワクワクします。サイトから商品から、見せ方が本当にいつもうまいと思います。
    2007-10-08
  • マイ箸、始めました
    先日、丸の内の新丸ビルに行ったときに、銀座夏野というお箸のお店で携帯用の布製の箸袋を買いました。「マイ箸」を実践したくて、実は長いこと探していました。
    2007-09-24
  • ヱビスビールのインフルエンサーマーケティング?(もといファンマーケティング)
    どこからがリアルでどこからがマーケティングなのか、ちょっと境界線(その有無も含めて)がわからないので、メモ程度に。
    2007-08-30
  • 無料でユニフォームを製作する「ゲットユニフォーム」にみる、広告主とユーザーのコミュニケーション
    スポンサーがつけば無料でユニフォームを製作してくれるゲットユニフォームは、本来あるべき広告主とユーザーのコミュニケーションが成立していると思います。
    2007-08-18
  • 名もなき人の記録に残る仕事 - JR新宿駅の工事案内のガムテープ文字
    JR新宿駅の工事案内板のガムテープで作られた印象的な案内文字。この制作者がわかったそうです。警備員の佐藤修悦さんという方。
    2007-07-15
  • あなたは何ジャムが好きですか?
    朝日新聞be on Sundayの1面に、家庭用ジャムの生産量の推移とジャム別の内訳が載っていました。1990年初め頃よりイチゴジャムの生産量が減る一方、ブルーベリージャムの生産量が増えています。
    2007-07-01
  • 広告の習慣性
    雑誌『+DESIGNING』の05号の「新聞の広告学」の項目で、楽天トラベルの突き出し広告(突き出しユニット)の広告事例が取り上げられていました。僕もこの広告、好きです。
    2007-06-02
  • コミュニケーションに必要な肴=タグ?
    基本的に人見知りする僕にとって、いきなり「会話しろ」って場を設定されてもやっぱりちょっとそれは無理であって、「今日の天気は...」だとか「ブログ読んでますよ」とか、なにかしらお互いの間をつなぐ「ネタ or something」がほしいのです。そう、「肴」。
    2007-05-08
  • ゴールデンウィーク明けの海外旅行キャンペーンの意味
    5/6の朝刊の新聞に、H.I.S.の「H.I.S.プラチナウィーク」と題した海外旅行キャンペーンの折り込みチラシが入っていました。ゴールデンウィーク直後のキャンペーンという、なかなか面白い展開です。
    2007-05-07
  • 使いやすさを提示する
    普段から接していたために、そういうものだと諦めかけていたちょっとした不便さ。その不便さを解消しようとしているものに最近ふたつ出会いました。
    2007-04-15
  • 「はじめまして」の名刺展
    印刷博物館の「はじめまして」の名刺展を見に行ってきました。名刺のデザインはなぜだかずっと興味があって、雑誌などで特集されると思わず買ってしまったりするのですが、この名刺展もとても楽しめました。
    2007-03-21
  • 緑色にライトアップされた東京タワー
    3/17、アイルランドと日本の外交関係樹立50周年を記念して、St Patrick's Day であるこの日に東京タワーが緑色にライトアップされました。
    2007-03-21
  • テレビの視聴時間は平均では横ばいだが、若い世代ほど減少している(2005年調査)
    NHK放送文化研究所の2005年度版の国民生活時間調査によれば、テレビの視聴者層が高齢化し、若い世代の視聴時間が減少しているとのこと。
    2007-03-15
  • パッケージだけで訴求するパン
    会社近くのコンビニで Pasco の「誠」のチョコレートパンを購入しました。このパン、実物が見えないだけでなく、実物の写真もありません。「誠」というパッケージデザインとコピーだけで訴求しています。
    2007-01-13
  • 「広告が効かなくなったんじゃありません。つまらない広告が効かなくなったんです」
    「広告が効かなくなったんじゃありません。つまらない広告が効かなくなったんです」。電通の雑誌『アドバタイジング第14号』に掲載されている、コピーライター山田慶太氏のコラム「真夜中のスキップ」での言葉。
    2006-12-14
  • 常識を疑ってみる - ワンダ冬のアイスコーヒー
    アサヒ飲料が、冬専用のアイスコーヒー「ワンダ 冬のアイスコーヒー」を発売しました。「冬はホットコーヒー」という常識を疑ってかかっているところがなかなか面白いです。
    2006-12-10
  • 同系列の商品がそろったら、アソートしてみる
    72%、86%、99%というように、カカオ成分の含有率を強調したシリーズが話題となった、明治の「チョコレート効果」に、小さなお試しサイズをコンパクトにまとめた「アソート」タイプのものを見かけました。
    2006-11-15
  • 消費者中心時代 - モスバーガーの企業メッセージのパネルから
    店舗内にあるモスバーガーの企業メッセージを伝えるパネルは、どれだけお客様のことを思って丁寧にサーブしているか、押し付けがましくないギリギリのメッセージで、非常にさりげなく、むしろ素敵な見せ方をしていると思います。
    2006-11-04
  • 「松竹梅」戦略 - 価格設定とネーミングを軸としたマーケティング
    「松竹梅戦略」と言うのかどうか知りませんが、お客の購買心理と日本人の中流階級意識を利用したマーケティング戦略があります。価格設定とネーミングを軸としたマーケティングです。
    2006-10-05
  • 「フードマエストロ」という一流の食べ手
    フリーペーパー「metro min.」で、一流の食べ手である「フードマエストロ」を育てる料理教室が紹介されていました。フードマエストロとは、食文化を正しく理解し、かつそれを正しく表現し伝えることができる人とのこと。良い食べ手と良い作り手がいて、お互いが相乗効果で育つことを目指しているようです。
    2006-08-22
  • 土用しじみ
    土用の丑の日には、うなぎだけでなくしじみを食べる風習があることを知りました。「土用しじみ」は旬の食べ物だそうです。
    2006-07-23
  • 豊島屋の「鳩三郎」 - ちょっとした遊び心とブログへの取り上げられやすさ
    連休を利用して、鎌倉に出掛けました。高徳院の鎌倉大仏を見るというのが大きな目的だったのですが、あの「鳩サブレー」が鎌倉土産だということを知り、豊島屋の鎌倉本店にも行ってみました。「鳩三郎」という名のキーホルダーが、本店でしか取り扱っていないからです。
    2006-07-17

前へ  1  2  3 

プロフィール

いちしま泰樹 いちしま泰樹
株式会社真摯 代表取締役、コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

株式会社真摯について

Cinci 株式会社真摯
お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

カテゴリー
月別アーカイブ
読んでほしいエントリー