マーケティングとコミュニケーションとインターネットについて考えています。マキタニ・ドット・コムです。

トップページ / 身の回りマーケティング

何を売りにしたらいいのかわからなかったら、あったかい「みそ汁」訴求でもいいじゃない

メインの「イチ押し」はあった方がいいけれど、なんでもない「みそ汁」も訴求ポイントの一つになるよ、というお話。例えば定食屋さんが何を売りにしたらいいのかわからなければ、あったかい「みそ汁」訴求でもいいじゃない。

先日、JR品川駅のエキナカをワクワクしながらリサーチしていたら、こんな定食屋さんの看板に出くわしました。

お味噌汁の付いた
しっかりとした
お食事をどうぞ。

メッセージには「この店イチ押しのメニュー」もなく、なんでもない「みそ汁」推しでのお声掛け。適当なメッセージととらえるかもしれませんが、こう寒い日が続くと確かに「あったかいみそ汁、いいよね」とも感じます。
※実は裏面には、ちゃんとメニューの一覧が載っていました。

以前テレビで、たしかダウンタウンの松本さんだったと思いますが、「みそ汁の偉大さ」についてしゃべっていました。

「楽屋で食べる弁当、あれ、何点つけますか? もう冷たなって、50点あればいい方ちゃう? そこにやで、あったかいみそ汁が付いてたりしたら、ほら何点なります? 90点とか95点とか、急に点数上がるでしょ。みそ汁、すごいやん、偉大やん」

僕の記憶をたどっているので、まったくもって正確じゃありませんが、このような内容でした。

あたたかいみそ汁、偉大です。たぶん、あたたかいスープも偉大です。ありふれた料理の点数をワンランク上げてくれる可能性を秘めています。

「街の弁当屋さん」がみそ汁を無料でサービスしていたりします。もしかすると、みそ汁の偉大さになんとなく気が付いている、もしくは信じているのかもしれません。牛丼チェーンの「松屋」や天丼チェーン「てんや」でも、みそ汁は値段に含まれていますね(持ち帰りや一部セットメニューを除く)。

「みそ汁」はプロダクトでもあるのですが、「あたたかさ」から「人の優しさや思いやり」のような感情を抱いたりサービス的なものを感じるからかもしれません。

定食屋さんに限らず、例えば僕らのような仕事でも当てはまる話。

みそ汁、好きです。僕は「なめこのみそ汁」や「あおさのみそ汁」が好きです。

いちしま泰樹

いちしま泰樹

株式会社真摯 代表取締役、Webマーケティング・コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

Cinci

株式会社真摯

お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

伴走型Webコンサルティング | 改善コンサルティング | 真摯のブログ

関連するかもしれないエントリー記事
前後のエントリー記事
1年前はこんな記事を書いてました
プロフィール

いちしま泰樹 いちしま泰樹
株式会社真摯 代表取締役、コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

株式会社真摯について

Cinci 株式会社真摯
お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

カテゴリー
月別アーカイブ
読んでほしいエントリー