マーケティングとコミュニケーションとインターネットについて考えています。マキタニ・ドット・コムです。

トップページ / 身の回りマーケティング

「おいしさ」を分解するとき、あなたならいくつの構成要素に分けますか?

「おいしさ」ってどういった要素で成り立っているのだろうふと思い立って、思いつく構成要素で分解してみました。あくまで僕が考える「おいしさの構成要素」です。

  • 料理の要素
    • 見た目(ルックス)
    • 発する音
    • 口に入れる前の香り(アロマ)
    • 口に入れたときの香り(フレイバー)
    • 味(テイスト)
    • 価格
  • 自分の要素
    • 空腹
    • 体調
  • 環境の要素
    • 食べる相手
    • 食事環境、雰囲気(音、広さ、周囲の客層、タバコなど)
    • 店のサービス(接客)

僕は11個の要素に分けました。あなたならいくつの構成要素に分けますか?

さて、それぞれの構成要素について、少しだけ説明してみることにします。

料理の要素

この分類で挙げた6つのうち、5つはサイゼリヤで教わったものです(サイゼリヤが考える「おいしさ」の5つの要素)。「見た目」「口に入れる前の香り」「口に入れたときの香り」「味」「価格」の5つ。そこに「発する音」を加えてみました。

1. 見た目

料理が「おいしそうに見える」ことは、とても重要です。「食材の彩り」や「お皿への盛りつけ方」といった基本的なものから、料理の「焦げ目」や「新鮮そうに見える」というのも、また食器の形状やデザインも、「見た目」の一つです。

2. 発する音

音のしない料理の方が多いですが、鉄板で「ジュージュー」と焼ける肉や魚、「グツグツ」と煮える鍋やシチューなど、音はよりおいしさを引き立てる役割を持っています。

3. 口に入れる前の香り(アロマ)

料理を口に入れる前の料理の香り、英語では「アロマ(aroma)」です。「いい匂い」のする料理は、食べる前の期待を高めます。

4. 口に入れたときの香り(フレーバー)

料理を口に入れたときの香り、英語では「フレーバー(flavor)」です。食べた瞬間に口に広がる香り、ハーブやスパイスや食材そのものの持つ香りなどは、「味」の一つかもしれませんが、その一瞬こそが楽しみという料理もあります。

5. 味

料理の味。おいしさの基本要素はおそらく「味」なのでしょう。甘み、酸味、塩味、うま味など、この「味」そのものも、科学的に分解できそうです。

6. 価格

価格だって、おいしさの要素です。「こんなに安い食材でこんな料理が」「この値段でこの味が」「やっぱりいいものはいい値段するね」など、情報がおいしさを引き立てることがあります。

自分の要素

同じ料理でも、自分の要素でおいしさに変化が生まれることがあります。

7. 空腹

「空腹は最高の調味料である」と言われるように、お腹が空いていれば料理はおいしく感じます。満腹の状態では、せっかくのおいしい料理の魅力も薄れてしまいます。

8. 体調

料理が最高の状態でも、自分の身体が不調であれば、おいしいはずの料理もおいしく感じません。風邪をひいていたり、頭痛がひどかったりすると、「おいしい」という感情も抑え気味になります。

環境の要素

料理も万全、自分も万全、でも周囲の要素でおいしさは大きく変化します。

9. 食べる相手

大好きな人や親しい人と食べる料理は、いっそうおいしく感じます。一人で食べるのと、大人数で食べるのとでは、感じ方は異なります。

10. 食事環境、雰囲気(音、広さ、周囲の客層、タバコなど)

「食事環境」も、おいしさに影響をおよぼします。自宅なのかお店なのか、行きつけのお店なのか初めてのお店なのか、お店の広さやにぎやかさ、客層、タバコの煙、リビングでつけているテレビ番組といった「環境要因」は、おいしさをプラスにもマイナスにもします。

11. 店のサービス(接客)

お店であれば、接客態度やサービスもおいしさに関わってきます。店員さんのすてきな気配りがプラスに働くこともあれば、思わぬ接客態度で料理が台無しになってしまうこともあります。

「そのものが持つ要素」「自分に関する要素」「環境の要素」の3つの分類は、多くの事柄に当てはまるのではないだろうか

「おいしさ」の構成要素を考えてみて、僕は11個の要素に分けました。伝えたかったことの一つは、「物事はいろんな要素の組み合わせでできていて、いつも特定の何かが『要因』というわけではない」ということです。「おいしさ」のような主観的なものなど、特にそうだと思います。

で、その11個を整理したときに、「そのものが持つ要素」「自分が関わる要素」「環境の要素」の3つに僕は大きく分類しました。整理してからふと思ったのですが、この3つの分類は、多くの事柄に当てはまるような気がします。モノの本質と、自分と、他者の3つ。

しばらく、物事を整理するときは、この3つの分類に意識してみようと思います。

いちしま泰樹

いちしま泰樹

株式会社真摯 代表取締役、Webマーケティング・コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

Cinci

株式会社真摯

お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

伴走型Webコンサルティング | 改善コンサルティング | 真摯のブログ

関連するかもしれないエントリー記事
前後のエントリー記事
プロフィール

いちしま泰樹 いちしま泰樹
株式会社真摯 代表取締役、コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

株式会社真摯について

Cinci 株式会社真摯
お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

カテゴリー
月別アーカイブ
読んでほしいエントリー