マーケティングとコミュニケーションとインターネットについて考えています。マキタニ・ドット・コムです。

トップページ / 身の回りマーケティング

ローソンストア100は「100円ローソン」に名前を変えてもいいんじゃないかな

ローソンストア100

上の写真のローソン、僕はずっと「100円ローソン」と呼んでいたんですが、みなさんなんて呼びます? 「正式なお店の名前、なんだっけ?」と確信がなかったので、確認したら「ローソンストア100」でした。しかも、看板はアルファベットで「LAWSON STORE 100」。たぶん「100」は「ひゃく」と読むのでしょう。

「ローソンストア100」は「100円ローソン」に名前を変えてもいいんじゃないかなと思います。意外にスーパーで買い物するようなおばさまや年配の方が多く利用してますし(僕の家の一番近くのコンビニがここなので、僕もよく行きます)、なにも気取ってアルファベットの店名にしてなくてもいいんじゃないですかね。

これから高齢化でよりそういった層のお客さんが増えるだろうし、むしろコンビニ業界もそっちに向いて商売し始めているし、ローソンストア100自体も、「スーパーとコンビニと100円ショップの3つのメリットを兼ね備えて」いるそうですから(サイトより)。もっと店名に生活臭があってもいいと思うんですけど。

Google Insights for Searchで「ローソンストア100」と「100円ローソン」のそれぞれのキーワードの検索動向を見ても、両者どちらも同じぐらい使われているっぽいですし。


▲青いグラフが「ローソンストア100」、赤いグラフが「100円ローソン」

アルファベットを日本語表記にするとか、「100円ローソン」がかっこわるいなら「ローソン100」でもいいでしょうし。

ローソンストア100 ~100円ショップ・生鮮コンビニ~

いちしま泰樹

いちしま泰樹

株式会社真摯 代表取締役、Webマーケティング・コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

Cinci

株式会社真摯

お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

伴走型Webコンサルティング | 改善コンサルティング | 真摯のブログ

関連するかもしれないエントリー記事
前後のエントリー記事
1年前はこんな記事を書いてました
プロフィール

いちしま泰樹 いちしま泰樹
株式会社真摯 代表取締役、コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

株式会社真摯について

Cinci 株式会社真摯
お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

カテゴリー
月別アーカイブ
読んでほしいエントリー