マーケティングとコミュニケーションとインターネットについて考えています。マキタニ・ドット・コムです。

トップページ / 身の回りマーケティング

数字のメッセージは強いけれども

数字のメッセージは強いけれども、同時に何種類も提示すると、とたんに何も届かなくなってしまうかもしれません。

ゆうちょ銀行の広告

上の写真は、新宿の地下街にて見かけるゆうちょ銀行の広告。8種類ほどの広告が連貼りされているのですが、ここを通りかかるとき、広告は目にとまるのですが、ここから何もメッセージを受け取らないんですね。有名人の笑顔がいくつもこちらを見ているのに、「うーん、ああいいや」となってしまう。

なんでだろうと思っていたのですが、たぶん投げてくるメッセージの種類が多いんでしょうね。「2」とか「0」とか「24」とかの数字もちゃんと「わっ」と飛び込んでくるのですが、歩くスピードに対して少しトゥマッチなんだと思います。

確かに「ひとつの広告にひとつのメッセージ」なのですが、連貼りされているために、メッセージが6つになってしまっているという。同時に6つのボールが飛んできた感じ。

デジャヴュの広告

一方で、こちらの写真も同じ新宿の地下街で見かけるデジャヴュのアイライナーの広告。さっきのが8連貼りでこちらは2連貼りという違い(というかハンデ)もありますが、こちらは歩くスピードでもメッセージは受け取れます。「24」と「クッキリ」なんですね。これは伝わる。

ひとつの広告にひとつのメッセージという点では、たぶん両者ともそれほど違いはないと思うのですが、「違う種類を連貼り」と「同じ種類を連貼り」という「現場での表現の違い」で、メッセージのボリュームが変わってしまったんですね。

とまれ、特に数字の表現は目に飛び込んで来やすいですが、数種類の数字のメッセージの同時提示は、どれひとつとして受け取ってもらえないかもしれません。

いちしま泰樹

いちしま泰樹

株式会社真摯 代表取締役、Webマーケティング・コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

Cinci

株式会社真摯

お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

伴走型Webコンサルティング | 改善コンサルティング | 真摯のブログ

関連するかもしれないエントリー記事
前後のエントリー記事
1年前はこんな記事を書いてました
プロフィール

いちしま泰樹 いちしま泰樹
株式会社真摯 代表取締役、コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

株式会社真摯について

Cinci 株式会社真摯
お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

カテゴリー
月別アーカイブ
読んでほしいエントリー