マーケティングとコミュニケーションとインターネットについて考えています。マキタニ・ドット・コムです。

トップページ / 動物園マーケティング

大きく変わろうとしている京都市動物園は、ファミリー的なあたたかさを感じられるような場所になればいいな

京都市動物園のアシカ

2泊3日の京都旅行の最終日は京都市動物園へ行ってきました。大阪に住んでいたときに行きそびれていた場所のひとつで、近くのインクラインへは2度行ったのですが、動物園は行ったことがないんですね。日本で2番目に古い動物園です。

初めて行った印象ですが、「動物のファミリー」が多くてすごくホンワカしたところでした。タイミングがよかったんだと思います。去年にはキリンやブラジルバクの赤ちゃんが生まれ、今年に入ってもヤブイヌやヒツジの赤ちゃんが生まれたりで、かわいらしい姿が見られたというのもありますし、オスとメスのペアの動物たちがとても仲良しそうだったというのも大きいです。

京都市動物園のキリン「音羽」

まず、キリンの3頭のファミリーがとてもよい雰囲気でした。写真は子供の音羽(おとわ)ちゃんですが、お父さんの清水(きよみず)くんとお母さんの未来(みらい)ちゃんもとても仲良く、しあわせな気分になれます。

京都市動物園のライオン

ライオンのペアも、落ち着いた夫婦といった感じでした。ちょうど寒くて小雨も降っていたので、軒先の雨を眺めながら「雨ですねえ」とでも言っているような。

ジャガーのペアは人目もはばからずじゃれ合っていてラブラブな感じでした。春ですね。

京都市動物園のブラジルバク「リオ」「ミノリ」

ブラジルバクの子供リオくんも、うり坊みたいな白い斑点と縞模様が残っていて、お母さんの横で一所懸命エサを食べています。子供の動物はかわいいです。

こうやって見ていると、「家族」「ファミリー」といったテーマを打ち出してPRしてもいいのにと安易に思ったりもするのですが、なかなかむずかしいんでしょうね。飼育も大変ですし(実際大きくなるまでに死んでしまったりもしますから)、個体を貸し出したりすることもありますから、偶発性に頼るのは長期的な視点ではあまりよろしくないんだと思います。

とはいえ、僕が感じたのは「家族的なあたたかさ」。キリンのファミリーはとてもすてきだし、バクもジャガーもライオンも、ちょうどファミリーで飼っている動物が偶然まとまっています。で、揃ってみんな仲良し。そういうところをもうちょっとアピールしてもいいのかなとは思います。

ちょっと気になったのは、動物のことを説明してくれそうな人をあまり見かけなかったこと。少し寒い上に小雨も降っていて、土曜日の割に開園時の人出は少なかったというのもありますが、冒頭の写真のアシカくんが不思議なことをしていたので(ずっと浮かんでいたり沈んでいたり)、そういう習性をガイドする人がいればもっとそれぞれの動物に注目して見てくれる人もいるのに、と感じます。

なにか、スタンプラリーのようなことはしていて、それ関係のスタッフはいらっしゃいましたけどね。

キリン舎の前に「キリンタイムズ」という手描きの日誌のようなものがあり、それがとてもよかったです。月に数回出しているようで、イラストも手描きなんですね。ウェブサイトにもPDFですがちゃんと掲載されています。

キリンタイムズ | 京都市動物園

こんな感じ。

このイラストは園内スタッフによるものらしいんですが、ちょっとすてきです。京都市動物園のパンフレットの表紙イラストも同じ人によるものですし、売店で売られていた缶バッジやTシャツやエコバッグといったグッズでもこの人によるイラストが使われていました。園外の「動物園はこちら→」のサインにもこのイラストが使われていました。

京都市動物園 京都市動物園
京都市動物園

イラストがすてきなのとキリンのファミリーがすてきだったのとで、缶バッジをひとつ買いました。応援の意味も込めて。

京都市動物園の缶バッジ

缶バッジは1個250円。グッズがECで買えたりしたらいいんですけどね。人手が少ないのとフルフィルメントや在庫の管理にまで手が回らないんでしょう。ちょっともったいないです。そういうところを手伝ってあげたい。何とかしてネット経由で買えるようにしている動物園も多いことですし。

ウェブサイトの方は丁寧に作られています。ブログを使ったりで情報発信もかなりまめにやっているようです。また、入り口にも掲げられていましたが、新「京都市動物園構想」ということで施設から大きく生まれ変わろうとしているようです。日本で2番目に古い動物園ですので施設も見せ方も古い形ですし、構想には「環境エンリッチメントへの取り組み」といった言葉も並んで、良い動物園になってほしいところ。都市型動物園とはいえ敷地もそれほど広くはないので、背伸びをしないで先述のファミリー的なあたたかさを感じられるような場所になればいいなというのが僕の希望。

京都市動物園で撮った写真はこちら。
京都市動物園20100313 - a set on Flickr
京都市動物園20100313 - a set on Flickr(スライドショー)

もうひとつのブログでもたくさん動物を紹介しています。
2010年3月13日、京都市動物園に行く | sundaysoundtrack

小さな動物園ですが、あたたかい気持ちになれるところですのでお近くの方はぜひ行ってあげてください。

京都市動物園

いちしま泰樹

いちしま泰樹

株式会社真摯 代表取締役、Webマーケティング・コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

Cinci

株式会社真摯

お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

伴走型Webコンサルティング | 改善コンサルティング | 真摯のブログ

関連するかもしれないエントリー記事
前後のエントリー記事
1年前はこんな記事を書いてました
プロフィール

いちしま泰樹 いちしま泰樹
株式会社真摯 代表取締役、コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

株式会社真摯について

Cinci 株式会社真摯
お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

カテゴリー
月別アーカイブ
読んでほしいエントリー