マーケティングとコミュニケーションとインターネットについて考えています。マキタニ・ドット・コムです。

トップページ / 身の回りマーケティング

自宅用にも買わせる帰省土産 - 大阪名物くいだおれ太郎プリン

体感的な印象で書きます。東京よりも大阪(含む関西)の方が、種類やバリエーションもそうなんですが、お土産のバイタリティは圧倒的に強いんじゃないかと思います。大阪に帰省したときに、毎度のことながら「すごいなあ」と感心します。これでもかというくらいの勢いで買わせようとしてきます。

吉本系の濃いものから、粉もんのコテコテ系から、ちょっとお洒落なものもあったり、京都の上品なものもこっそり主張していたり、神戸のあか抜けたものもあったり。他人に配るようなお土産ももちろんなのですが、自宅用に買いたくなるものがすごく増えていると思います。

ということで、うっかり買ってしまいました。「大阪名物くいだおれ太郎プリン」。閉店した道頓堀の食堂「大阪名物くいだおれ」と堂島スイーツとのコラボだそうで、2009年4月に登場だとか。

大阪名物くいだおれ太郎プリン

パケ買いです。このパッケージはズルい。偶然いただいた紙袋もかなり素敵。

大阪名物くいだおれ太郎プリン
「わての帽子、どこいったんやろ...。」

大阪名物くいだおれ太郎プリン
開けてびっくり。帽子!

大阪名物くいだおれ太郎プリン
この顔もいろんなパターンがあるみたいです。

フォトジェニック。写真も撮りたくなります。パッケージだけではなく、味もカラメルソースにさらにクラッシュカラメルの粉をかけるという「クリームブリュレ風のプリン」でしたが、かなりおいしくいただきました。

  • ネタ的な要素
  • お洒落でかわいいパッケージ
  • 味もこれまでにないようなもので、おいしい
  • 配る用だけじゃなく自宅用にも買わせる
  • ブログに書かせる

というように、お土産もかなり複合的な要素で売る時代ですか。とにかくこの「大阪名物くいだおれ太郎プリン」は、一目見かけたときに「買う」と即決でした。くいだおれ太郎は、しばらくこういうところでまだまだ一所懸命働くんじゃないでしょうか。

「大阪名物くいだおれ太郎プリン」は、太郎フーズの商品です。まだこの商品しかないようですが(笑)、オンラインストアで購入もできます。

株式会社太郎フーズ

see also:
大阪名物くいだおれ太郎プリン | Meal 301

いちしま泰樹

いちしま泰樹

株式会社真摯 代表取締役、Webマーケティング・コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

Cinci

株式会社真摯

お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

伴走型Webコンサルティング | 改善コンサルティング | 真摯のブログ

関連するかもしれないエントリー記事
前後のエントリー記事
1年前はこんな記事を書いてました

コメント

きこ 2010-01-05

Meal301で一足早く見ました。これ、ほんまにかわいすぎる!二回もコメントを書きたくなる、書かせるなんてただものじゃあないです。ほんまに注文してアメリカまで送ろうかと思うくらいこれは見てみたい、食べてみたいなぁ。

市嶋 2010-01-05

いやー、迷わず買いましたからね。
僕らも初めて見たのですが、センスいいなあと思います。
クリームブリュレ風というアイデアもこれまで見かけてなく、おいしかったです。
アメリカ配送はやっぱり駄目なんですかね。

プロフィール

いちしま泰樹 いちしま泰樹
株式会社真摯 代表取締役、コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

株式会社真摯について

Cinci 株式会社真摯
お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

カテゴリー
月別アーカイブ
読んでほしいエントリー