マーケティングとコミュニケーションとインターネットについて考えています。マキタニ・ドット・コムです。

トップページ / 人生について, 本、書籍

『マイクレド My Credo』を読んで、マイミッションを考えてみる

『マイクレド My Credo』という本を読みました。

ウォーキング先で立ち寄ったある駅前の本屋さんで見かけ、ああこれは読みたいな、Amazonで頼むんじゃなくて、いまここで買って持ち帰らなきゃいけないなと直感で感じてその場で買ったのですが、とてもよい本でした。

クレドというのは、企業やチームの社風などをつくるための価値基準や信条、行動指針をまとめたもの。リッツ・カールトンのものは有名ですが、僕の前職のデジパにもクレドがあり、なじみのあるものでした。またそのクレドに大きく影響も受けました。

そのクレドの大切さを、この本はスマートに感じさせてくれます。

本の前半は「自分のルール」を持つ必要性とメリットについて、後半ではワークを挟みながらマイクレドを作っていくという流れ。

僕も普段から行動を心がけているものがあり、以前どこかで書いたと思うのですが、「Smile」「Thank」「Listen」「Straigten」の4つを心がけています(これですね「毎朝スケジュール帳に書く2つの自戒」)。あ、いまはこれは手帳には書いてなんですけどね...。僕が改めてこれから作るマイクレドはこれを中心にすると思うのですが、本の後半のワークで出てきた「振り返り」「自分の棚卸し」もやりましょうか。

人生は一度しかないので幸せなものにしたいというのもありますし、セルフブランディングとして自分の中に一本筋を通しておくのも大切です(内側としても外側としても)。それをマイクレドという目に見える形でちゃんと形作っておくこと。

また、社会にどう貢献をしていくかという「ミッション」というところまで落とし込んでいなかったので、それもやらないといけないです。

企業としても、こういったクレドはあった方がいいと思います。社是ではないです。企業としての考えや信条を社員に伝え確認しあうというのは、不安定な時期こそ軸を据えて方向性をぶれないようにするやり方のひとつだと思います。

この本の各1ページの文字数は非常に少なく、ページをざっとめくると一見スカスカの本に見えるのですが、すごくよい本でした。

My Credo (単行本(ソフトカバー))My Credo (単行本(ソフトカバー))
浜口 隆則、村尾 隆介
Amazon.co.jpで詳しく見る

関連エントリー記事:
世界をハッピーにじゃなく、僕がハッピーになってほしい人をハッピーにする
身近な誰かをハッピーに

いちしま泰樹

いちしま泰樹

株式会社真摯 代表取締役、Webマーケティング・コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

Cinci

株式会社真摯

お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

伴走型Webコンサルティング | 改善コンサルティング | 真摯のブログ

関連するかもしれないエントリー記事
前後のエントリー記事
1年前はこんな記事を書いてました

コメント

book-on 2010-02-02

makitaniさん、どうもです!

市嶋 2010-02-02

いえいえ、いい本でしたよ!

プロフィール

いちしま泰樹 いちしま泰樹
株式会社真摯 代表取締役、コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

株式会社真摯について

Cinci 株式会社真摯
お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

カテゴリー
月別アーカイブ
読んでほしいエントリー