マーケティングとコミュニケーションとインターネットについて考えています。マキタニ・ドット・コムです。

トップページ / 仕事術, 本、書籍

「やらないより、やっておけ」「やってしまって、良かったと思え」

PLAY・JOB (プレイ・ジョブ)

ポール・アーデン(Paul Arden)という人の『PLAY・JOB (プレイ・ジョブ)』という本を読みました。本屋さんで何気なく手に取り、簡潔だけど剛速球カーブが投げ込まれてくるようなメッセージがいいなと思い、買いました。

『PLAY・JOB (プレイ・ジョブ)』というのは日本向けの書名で、「仕事、楽しんでる?」というメッセージの帯が付いていますが、読み終わった感想としてはなんだかちょっと違います。原題は『Whatever You Think, Think The Opposite』。「正反対に考えろ」。たぶん「プレイ・ジョブ」とはちょっと違う。

「そんな波風立てない平凡な人生を送ってて、あんたの人生楽しいか? あん?」みたいなトーンで、強いメッセージがポンポン投げ込まれてきます。痛快、というかグザグザ。その辺の自己啓発本よりかなりやんちゃな感じ。

気に入ったページ。

「誰もマネできないことをやってみろ。」
(中略)ジョージ・バーナードは言った。
常識的な人間は、世界に自分を合わせようとする。
非常識な人間は、世界を自分に合わせようとする。
だから人類の進化はすべて、非常識な人間の力にかかっている。

『PLAY・JOB (プレイ・ジョブ)』 P56

「考える前に動き出せ。」
あまりに多くの人間が、準備に時間をかけすぎている。
実際にやる前から、すべてを完璧にしようとするために。
待つことはない。動き出せ。よくわかっていない状態のままでいい。
準備は走りながらするものだ。

『PLAY・JOB (プレイ・ジョブ)』 P67

「盗め。」
(中略)「どこから持ってきたかは大事じゃない。
どこに向けて使うのかが大事なんだ」(後略)

『PLAY・JOB (プレイ・ジョブ)』 P108

迷える人たちに。たぶん、みんな心のどこかにしまい込んでいる思いを、結構乱暴に揺さぶってくれます。

こういう景気の良くないときにこれを読むと、結構くるなあ。

あと、この僕のエントリー内容に関して、余計な深読みと詮索はなさらぬよう。

4861139236PLAY・JOB (プレイ・ジョブ)
ポール・アーデン
アマゾンで詳しく見る »

いちしま泰樹

いちしま泰樹

株式会社真摯 代表取締役、Webマーケティング・コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

Cinci

株式会社真摯

お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

伴走型Webコンサルティング | 改善コンサルティング | 真摯のブログ

関連するかもしれないエントリー記事
前後のエントリー記事
プロフィール

いちしま泰樹 いちしま泰樹
株式会社真摯 代表取締役、コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

株式会社真摯について

Cinci 株式会社真摯
お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

カテゴリー
月別アーカイブ
読んでほしいエントリー