マーケティングとコミュニケーションとインターネットについて考えています。マキタニ・ドット・コムです。

トップページ / SEO、SEM, ソーシャルメディア

Yahoo!検索にブログフィルタ機能が

(3/29、少し意見が変わって、エントリーの最後の部分に追記し、また「ブログ記事は検索結果を汚しているか - Yahoo!検索のブログフィルターに思う」という別のエントリーにもまとめました。)

3/27、Yahoo!検索のウェブ検索結果からブログのエントリー記事を省く「ブログフィルタ」機能が追加されたようです。「ブログを含めずに再検索」のリンクが表示されたり、検索オプションや検索コマンドでも利用できるとのこと。

検索結果に一定以上のブログが含まれる場合には、「ブログを含めずに再検索」のリンクが結果ページの下部(または上下)が表示される仕組みです。

Yahoo!検索、ウェブ検索に「ブログフィルタ」機能を追加 - Yahoo!検索 スタッフブログ

ちょっと気になるのは、「何をもってブログのエントリー記事と判別しているか」です。Yahoo!ブログ検索の結果を排除しているのであれば、例えばRSSを配信していたり、Movable Typeをはじめとしたブログツールで構築されたサイトも、場合によっては排除されてしまうのかもしれません。

少し試してみましたが、僕が思いつくキーワードでは「ブログを含めずに再検索」のリンクは表示されませんでした。「安藤美姫」「浅田真央」「飯島愛」「植木等」といったキーワードでは、これを書いている時点では表示されないようです。Yahoo!検索 スタッフブログでのキャプチャー画像に見える検索キーワード「トラックバック」では確かに表示されるのですが。「ブログ」でも表示されず。

ちなみに、goo は2006/7/31に既に同様の機能を始めています。
プレスリリース - 「goo」で、ウェブ検索機能を強化

こちらも「ブログ検索結果からブログを省く」のリンクが表示されたり、オプションでも設定できます。ちなみに「安藤美姫」のキーワードで「ブログ検索結果からブログを省く」リンクが表示されました。「浅田真央」「飯島愛」「植木等」では表示されず。

ところで、なぜか「安藤美姫」で検索すると、gooの1ページ目の検索結果は11件表示されました。キーワードによって11件のときと10件のときがある模様。理由はちょっとわかりません。

この検索エンジンのブログフィルター機能、利用者の利便性を考えると、ブログをはじめとしたCGMの拡大に伴ってオプションとしてその必要性が高まってきたと言えると思います。

3/29追記。昨日「オプションとしてその必要性が高まってきたと言えると思います」と書いておきながら、本当にそうなのかな?という疑問がちょっと残ってまして、やはり訂正線を入れておこうかな、と。ブログの記事が検索結果にあるということは、検索エンジンがそのブログ記事を「価値がある」と認めたからですよね。ブログの体裁を取っていたとしても、価値あるページは検索結果にあるべきですよね。

長くなるので、「ブログ記事は検索結果を汚しているか - Yahoo!検索のブログフィルターに思う」で続きを書きました。

参照記事:
ヤフー、検索結果からブログを省く「ブログフィルタ」機能追加 - CNET Japan

いちしま泰樹

いちしま泰樹

株式会社真摯 代表取締役、Webマーケティング・コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

Cinci

株式会社真摯

お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

伴走型Webコンサルティング | 改善コンサルティング | 真摯のブログ

関連するかもしれないエントリー記事
前後のエントリー記事
プロフィール

いちしま泰樹 いちしま泰樹
株式会社真摯 代表取締役、コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

株式会社真摯について

Cinci 株式会社真摯
お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

カテゴリー
月別アーカイブ
読んでほしいエントリー