マーケティングとコミュニケーションとインターネットについて考えています。マキタニ・ドット・コムです。

トップページ / SEO、SEM

2006年検索キーワードランキング比較と雑感

Google の2006年検索キーワードランキングが発表されて、主要検索エンジンの年間検索語ランキングが出揃いました。そこで、主要な検索エンジンの2006年検索キーワードランキングの比較をしてみることにします(12/26、Ask.jp のものを追加しました)。

ただ、 Google の公式発表には(Google Press Center: Zeitgeist)日本の検索語ランキングに関する記述がなく、日本の Zeitgeist のページは更新が止まった状態で、かつ現在サイトからリンクされていない模様(Google プレスセンター)。なので、 Google のデータは @IT の記事から引用します。

主要検索エンジン年間検索キーワードランキング

  Google Yahoo goo infoseek livedoor Ask.jp
1位 地図 mixi Yahoo ライブドア Yahoo mixi
2位 翻訳 2ちゃんねる 2ちゃんねる 2ちゃんねる mixi YouTube
3位 辞書 Google Google 無料 楽天 au
4位 動画 楽天 mixi DVD Google 壁紙
5位 ほしのあき Amazon 楽天 大阪 goo JR
6位 天気予報 goo Amazon 攻略 動画 Amazon
7位 au YouTube NTTドコモ 楽天 ライブドア JAL
8位 価格 ANA ANA 雪害情報 MSN 顔文字
9位 郵便番号 JAL 地図 東京 YouTube 2ちゃんねる
10位 倖田來未 MSN GyaO メール 2ch 郵便番号
11位   ハンゲーム ライブドア      
12位   Docomo JAL      
13位   GyaO MSN      
14位   livedoor 価格.com      
15位   au YouTube      
16位   Hotmail おもしろフラッシュ倉庫      
17位   JR NHK      
18位   郵便番号 天気      
19位   じゃらん 宝くじ      
20位   フジテレビ au      
集計期間 2006/1/1~
2006/12/15
2006/1/1~
2006/11/5
2006/1/1~
2006/10/31
2006/1/1~
2006/11/15
2006/1/1~
2006/11/30
2006/1/1~
2006/12/19
  出典 出典 出典 出典 出典 出典

OCNPlalaNifty からも検索キーワードランキングが発表されていますが、今回は省略しました。

Google の発表は「ほしのあき」が5位に入っていることもあってちょっと話題ですが、どうも操作されているような感じが......。Google Trends で「ほしのあき, 天気予報, 倖田來未」で調べてみると、ちょっと年間ランキングの発表を疑ってしまいます。また、@IT の記事によれば、「Google関連サービスと、ポータルサイトはランキングから除外されている」とのこと。「mixi」「2ちゃんねる」「Yahoo」がランキングに入っていないのは、きっとそれが理由だと思います。

Infoseek のランキングも、ちょっと他とは違いますね。「雪害情報」ってあんまり使わない言葉だと思うのですが。

全体的には、「楽天」「Amazon」「ANA」「JAL」「JR」「じゃらん」「価格.com」など、Web サービスの利用が想像されるキーワードが並んできているなあと感じます。10年前に比べて、はたして Web は一般の人にも使いやすくなっているでしょうか。

年間ブログ検索キーワードランキング

また、今年からいくつかブログ関連のキーワードランキングが発表されるようになりました。

  Technorati Yahoo!ブログ検索 livedoorブログ検索 Ask.jpブログ検索
1位 W-ZERO3 山本圭一 歌詞画像 W-ZERO3
2位 功名が辻 スプー カナヘイ 上川隆也
3位 極楽とんぼ 日本ブラジル スポンジボブ 綾瀬はるか
4位 X01HT 亀田興毅 エアボーカル
5位 Wii 早実 斎藤 赤い部屋完全版 メタルマクベス
6位 ライブドア ギャル曽根 はばタン 長澤まさみ
7位 上川隆也 ミッドランドスクエア はいだしょうこ SMAP
8位 ウェブ進化論 24時間テレビ アンガールズ ベタ辞典 Wii
9位 日本沈没 涼宮ハルヒ 一冊の手帳で夢は必ずかなう 伊東美咲
10位 Mio P350 釈由美子 伊藤家の食卓 小池徹平
11位 オーマイニュース      
12位 W44S      
13位 亀田 八百長      
14位 荒川静香      
15位 山本圭壱      
16位 ワーキングプア      
17位 石原真理子      
18位 本田美奈子      
19位 悪い景観100景      
20位 ジャーナリスト宣言      
集計期間 2005/12/18~
2006/12/17
2006/3/4~
2006/11/5
2006/1/1~
2006/11/30
2006/1/1~
2006/12/19
  出典 出典 出典 出典

テクノラティはともかく、Yahoo! と livedoor のランキングの基準が検索回数によるものなのかいまひとつはっきりしませんが、各社とも結果はまちまちです。テクノラティはガジェット系が多いですね。「Mio P350」と言われても僕にはピンと来ません。ちなみに、この livedoor のランキングで「カナヘイ」を今初めて知りました。

年間モバイル検索キーワードランキング

もうひとつ、Yahoo! がモバイル検索数ランキングを発表しています。モバイル検索では広く利用されている Yahoo! モバイル検索ですが、PC 版の検索との違いに注目しておきましょうか。確実に何かが違います。

  Y!モバイル検索
1位 2ちゃんねる
2位 スター・ビーチ
3位 着うた(無料着うた)
4位 ブログ
5位 出会い
6位 動画(無料動画)
7位 mixi
8位 妊娠
9位 Google
10位 顔文字
集計期間 2006/3/4~2006/11/5
  出典

さてさて来年2007年は、モバイル検索のランキングも各社とも発表してほしいところです。

12/26追記。Ask.jp からも検索キーワードランキングが発表されたので、追加しました。

12/27追記。子供向けポータル「きっず goo」も検索キーワードランキングを発表したので、別エントリーにまとめました(2006年キッズ goo 検索キーワードランキング)。

いちしま泰樹

いちしま泰樹

株式会社真摯 代表取締役、Webマーケティング・コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

Cinci

株式会社真摯

お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

伴走型Webコンサルティング | 改善コンサルティング | 真摯のブログ

関連するかもしれないエントリー記事
前後のエントリー記事
プロフィール

いちしま泰樹 いちしま泰樹
株式会社真摯 代表取締役、コンサルタント。マーケティング視点とデータの根拠を軸としたWebビジネスの改善を支援しています。本名、市嶋泰樹。

プロフィール詳細 »

株式会社真摯について

Cinci 株式会社真摯
お客様と真摯に向き合い、伴走するコンサルティング会社。マーケティング視点(Marketing)とデータの根拠(Analytics)を元に、Webサイトの改善と集客施策の改善、ビジネスプロセスの改善の3つを支援します。

カテゴリー
月別アーカイブ
読んでほしいエントリー